20代で”お金”を勉強しておかないと、きっと大変なことになる。

スポンサーリンク

はいっ、料理人のtakumi(@takumi_13)です。

 

20代で起こるライフイベントとして、就職転職結婚出産などがあると思います。

 

僕自身、これら全てを実際に経験したわけではないですが、将来計画の一つとして頭の片隅にあり、その状況をイメージする事があります。

 

これらのライフイベントで切り離せないのが、”お金”のこと。

 

いつかちゃんと勉強しなきゃなー、と思っていたのですが、20代も後半に差し掛かってきたので、重い腰を上げ”お金”について学んでみようと思います。

20代で知っておきたい お金のこと

 

「5000万円」、

この数字が何かわかるだろうか?

これは君たち20代が、

親世代(60代)と比較した時に、

お金について背負っているハンディだ。

 

「お金持ちになれなくても、人並みの生活が送れたらいい」。

そう考える人も多いと思う。

だが、時代は変わった。

親たちの「普通の生活」が、もう当たり前ではなくなったのだ。

 

日本の借金は1000兆円を超え、世界有数の借金大国です。

その借金のツケを払わされるのは、僕たち若い世代なであり、両親の世代よりはるかに厳しい未来が待っています。

消費税や、その他税金が多く取られ、年金や公的サービスの質は下がっていくことが予想されるからです。

お金のセンスを身につけろ。

「お金の奴隷となるのではなく、お金を奴隷のように使いこなせ」

ジョン・ロックフェラー

 
目的もなしに節約しても、お金を貯めること自体が目標になってしまい、お金の奴隷となってしまいます。
 
どんな人生にしたいのか、それにはいくら必要で、その金額を生み出すにはどのような戦略が必要か、それぞれ考える必要があります。
 

20代のうちに自己投資して、収入を上げないと。

 
この本を読んで、僕が一番思った事は、”もっと稼がないと!”という事。
 
節約には限界があるし、生活のレベルは下げたくない。
 
ましてや、これから結婚、出産といったライフイベントが残っている。
 
それらに対応するには、自己投資して、収入を上げないといけないと感じました。
 
この本には、貯金、仕事、結婚、保険、老後、投資にまつわる”お金”の事が書かれており、お金について学ばなければ!と思わせてくれます。
 
お金について漠然とした不安を持っている貴方!
 
ぜひ読んでみてください。